神々の島、バリ島

バリ島はインドネシアに多くある島々のひとつで、インドネシアのなかでは有名な観光スポットです。

ンドネシアは、東南アジア南部に位置しバリ島、スマトラ島、首都があるジャワ島など有名な島々とその他にも大小の島々で成り立っています。
それらの島々で約2億3千万人以上の人々が暮らし、さまざまな言語や宗教があり、それぞれの伝統的な文化があります。

宗教はイスラム教が大多数を占めており、プロテスタント系キリスト教、カトリック系キリスト教、ヒンドゥー教、仏教といった宗教があります。言語はインドネシア語ですが、地域によってはバタック語、スンダ語、ジャワ語、バリ語など多くの言語も存在します。バリ島は「神々の島」と呼ばれ、ジャワ島の東に浮かぶ島で約390万人の人々が暮らしています。

気候は、亜熱帯気候で、1年の間で雨季と乾季がはっきりと分かれ2つの季節になります。バリ島の宗教は多くの人々がヒンドゥー教徒であり、信仰に厚く毎日欠かさずお供え物を供えるといった宗教や伝統を重んじた生活をしています。

またお祭りや儀式が多く、バリ舞踊なども盛んに行われていますし、お葬式も盛大でにぎやかに村の人たちと亡き人を送ります。

バリ島に住んでいる人々は大半が昔から住むインドネシア人ですが、さまざまな国の人々も暮らしています。今では、老後を海外で暮らすといったライフスタイルも増えており、日本人もバリ島の美しさに魅せられて暮らし始める人も多くいます。

そこで魅力的なバリ島での楽しみ方を紹介いたします。

Copyright © 2014 バリ島の楽しみ方 All Rights Reserved.